読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜学校さゆり会新歓ブログ

新入生や学生のために、さゆり会とは何かをご紹介します☆

【さゆ語】語るって何?(ホワイト)

こんにちは!

今日は、「さゆり会は語る」の日。
担当はさゆホワイト、まなみです!
何を語ろうかなーと思っていたんだけど、今回さゆり会での「語ること」について語っちゃおうかと思います(^-^)/

まずさゆり会では、全体ミーティングのはじめに、毎回「さゆり会は語る」略して「さゆ語」をやっているよ。毎回ローテーションで決められた一人が自分の思いだったり、伝えたいことを語るんだ。

さて一応「さゆ語」の説明はこんな感じで。

改めてこの「さゆ語」またさゆり会で語ることが自分にとってどんな意味があるのか、考えてみました( ^ω^ )

わたしは大学受験期から何かと自分の昔を振り返ったりすることが増えました。でもそれは自分の頭の中だけで、うわー中学の時の自分恥ずかしい!とか思っていたくらい(誰でも黒歴史ってあるよね☆)。

たださゆり会で自分を振り返り、それを言葉にすることが増えて、やはり頭の中で考えるのと言葉にするのは全然違うんだなーと思ったんだ。
自分の頭の中での考えはいくらでもできるし、変更や取り消しが容易にできるけど、言葉にだすには、それなりに言葉をチョイスしなければならないし、自分の思ったことが同じように相手に伝わっているかもわからない。そして簡単に取り消すことができない。
言葉にすることで改めて自分の考えが入ってきて、その考えが明確になる気がする。

もちろん人に何かを語るには、言葉の前段階で自分の中で考えることが必要だし、とっても大切なことだよね。
私はさゆ語で話すこと考えていて、自分の変化だったり、過去の経験が今の自分に影響していることだったり気が付いたことがあるよ

普通に生活していて、自分のこと改めて考えることってあるかな。私にとってはそういう機会はあまりなかったから、さゆり会での「語ること」はとても重要なのではないかと思う>_<
私の場合、普段大抵ぼんやり何も考えず生活してるので尚更ね(^○^)笑

まあつまり、さゆ語る(というかさゆり会)では
考える
言葉に出して伝える
機会が沢山あるんだ!めんどくさいようなことだけど、めんどくさいこと程重要だったりするんだよねー
考えることが苦手な人、そんな物事を深く考えられないよーという人、いるかと思います。私も同じ...
私もまだまだ発展途上なのだ\(^o^)/
なんとかなる!一緒にちょっとずつ頑張って行こう!


さあ、みんなもちょこっと自分を振り返ってみよう!あんな黒歴史もこんな黒歴史も時が経てば、客観的に、冷静にみれる。自分に必要なものだったと思えるかも☆
私はハイパーポジティブっぽいので過去の失敗もそう思ってます。いやむしろそう思って自分の心を守っているのかな?

大学にはいって自分の世界を広げたい!本気で何かに取り組みたい!というあなた!ぜひさゆり会に来てみてね~!
んじゃ、また(^O^)/

 

(まなみ)